尿酸値が上がる暴飲暴食は控えよう【痛風予防で毎日健康】

女性

足や指の関節が痛い病気

女性

尿酸値を下げる

痛風とは、体内で尿酸という物質が過剰になることにより引き起こされる病気で、足の指の関節などに好発します。尿酸が血液中で多くなると、関節内で尿酸の結晶が出来て、これが刺激することで強い痛みが生じます。風が吹いても痛い、と言われることから、「痛風」という名前が付いています。尿酸が高くなる理由はいくつかありますが、体質的なものを除けば、多くの場合生活習慣の改善によって下げることができます。まず一つは、尿酸の素となるプリン体が多く含まれている食品の摂取を控えることです。有名なのはビールや魚卵などですが、それ以外の食品であっても食べ過ぎを避け、水を小まめに摂取することが大事です。一度痛風になった人は繰り返しやすいので、痛みが無くなっても尿酸を下げるための服薬治療も大事です。これらを気をつけることで、痛風発作を避けられる可能性が高くなるというメリットがあります。

治療

以前、痛風はお金持ちの病気と言われていました。これは、暴飲暴食をしたり贅沢なものを良く食べる人たちに多く現れる病気であったからです。しかし現在は、必ずしもお金持ちの病気とは言えず、多くの人が罹る病気となりました。これは、現代の日本が豊かな食生活を送れるようになり、運動不足の人が増えて肥満の人の割合も増えていることが、一つの原因です。痛風になった場合には、足や指の関節が非常に痛むため、骨や関節の病気と勘違いしてしまい、整形外科に受診する人がよくいます。しかし、痛風は内科の領域に入る病気です。初期は痛みを抑えることに治療の重点が置かれますが、痛みが無くなった後は再発作を防ぐため、尿酸値を抑える治療が必要です。もし痛風が疑われるような場合には、内科を受診するということも検討すべきです。

食生活が原因の病気です

女性

痛風は食生活の乱れによって引き起こされる病気です。指先などに鋭い痛みが発生するのが初期症状となります。痛風は食生活が豊かな国で発症しやすい病気です。痛風の予防のためには野菜の摂取を心がけて、カロリーの高い食事は控えることが大切となります。

Read More...

食事内容との深い関係とは

病院

痛風の背景にあるのは一般的に考えて尿酸値の高さ、そして同時にプリン体の大量の摂取と考えられています。このことより痛風の食事制限療法では尿酸値を上昇させない、プリン体を摂り入れないことが大事になってきます。

Read More...

尿酸との関連性

女性

いわゆる痛風予備軍とされる高尿酸血症は、数百万人ともいわれています。尿酸値が高いということは、痛風だけでなく、動脈硬化や、腎臓病の危険因子にもなると考えられます。日常の生活での予防が、重要になります。

Read More...