尿酸値が上がる暴飲暴食は控えよう【痛風予防で毎日健康】

女性

尿酸との関連性

女性

主な原因は尿酸です

痛風の主因になる尿酸は、身体の中で形成されたり体の外から摂取したプリン体が肝臓で解体されてうまれるる最終的な代謝物です。尿酸は身体の中を巡り、腎臓で身体にとって不必要な老廃物としてろ過されて尿として放出されます。 尿酸は全ての方の身体の中にあって、原則的に一定の量に保持されています。しかしながら、尿酸は血に溶け難く、一定の原因によって尿酸の形成がたくさんなり排泄のダウンすることで、血の中の尿酸濃度が上にあがり濃度をオーバーすると、血に溶けない尿酸はナトリウムと塩を作り上げて尿酸塩と化して身体の中に貯まっていきます。尿酸が多すぎる局面の高尿酸血症が維持されると痛風の発作に見舞われる引き金になります。

尿酸の蓄積の防止が大切

痛風の発作というのは、関節に密着した尿酸塩の結晶に向けて白血球が襲い掛かって炎症の作用が生じることを通しておこります。尿酸塩が関節にたまれば痛風の発作の激しい痛みの引き金になりますが、尿酸塩はこれ以外の臓器、とりわけ腎臓にとっては尿酸が蓄積しやすいですから、発作が見られる方は痛風腎もしくは腎臓結石とされる腎機能の不調を併発されるケースが多いので留意することが大切です。 尿酸が過度にストックされる背景にあるのは、肥満やストレスそして極度のプリン体の摂り込みなどです。あらためていうまでもなく、痛風の発作による激しい痛みが生じるということは病気を防止することを促がす忠告として、受け取ることが大切です。