尿酸値が上がる暴飲暴食は控えよう【痛風予防で毎日健康】

女性

食生活が原因の病気です

女性

病気の背景

痛風とは昔は帝王病と呼ばれることもあった、食生活に起因する病気です。昔は裕福な一部の貴族などに見られる病気でしたが、20世紀以降は一般の人も食生活が豊かになったために、痛風の症状が多く見られるようになりました。痛風の原因については、栄養価の高い食べ物の過剰摂取であったり、偏った食生活が主な原因であると考えられています。そのため現在では食生活が豊かな国で流行しつつある病気です。痛風は太っている人にも痩せている人にも発病しうる病気であるために注意が必要です。痛風の初期症状としては、足先などに針で刺されたような鋭い痛みがあることです。この鋭い痛みが徐々に頻繁に起きて進行が進んでいくのが特徴的となっています。そのため早期発見による通院が回復の手段として有効です。

治療と予防

痛風の初期症状は足先などの鋭い痛みですが、この症状が進行していくと歩けなくなるほどの激しい痛みに変わるケースがあります。そのため車イスで通院をする患者も珍しくはありません。痛風の治療については投薬治療が一般的となります。そして投薬をしなければ、痛みが治まることは考えにくいために、早期に病院に行くことを推奨します。早期に病院に行くことによって通院回数が短くて済む可能性が高くなります。また痛風の予防については様々なことが考えられますが、非常に大切なことは食生活の改善となります。日々の食事は野菜や豆腐などのカロリーを抑えた食事を摂取することが大切となります。カロリーの高い食事は控えることが大切となります。