尿酸値が上がる暴飲暴食は控えよう【痛風予防で毎日健康】

女性

食事内容との深い関係とは

病院

食事内容との関わりとは

痛風と食事内容は直接的に影響しています。高いエネルギー、さらに栄養の過多、さらに動物性の食品やアルコールなどフードスタイルの変わりは、プリン体の過剰な摂取に結び付き、高尿酸血症そして痛風の増大を引き起こしています。 尿酸はプリン体の最終の代謝ですが、食事内容からの尿酸の合成はあまりなくて、尿酸の8割は内因の組み合せによるとされています。また、徹底したプリン体の制限を行う食事制限療法は具体的には苦労が伴い長続きしないこともあって食品の制限の教示はあまりされなくなりました。徹底したプリン体制限というよりも、太り過ぎが土台のメタボリックシンドロームを考えたバランスのいい食事で総エネルギーを制限することが肝要と言われています

肥満と酒類にご注意

痛風の患者の多くは太り過ぎで、肥満度が大きければ大きいほど尿酸値は高いことが把握されています。すなわち、肥満の指数が引き上がるにつれて高尿酸血症あるいは痛風の方も多くなるということです。言うまでも無く、プリン体が少なくない食事を摂っている人に対するプリン体の制限は尿酸値のマイナスが見込めますし、食事内容が非常に大きく関係しいる人に対してはプリン体の制限を外すことができません。 肉類、あるいはレバーなどの内臓、そして魚卵、魚の干物はプリン体を広範囲にわたって内包するので用心が必要な食品ですから、痛風の方の食事メニューから除外したい食事です。またアルコールも痛風の要因ですので十分に注意する必要があります。